ブログ
フッ素塗装光触媒塗装料金についてお見積り・ご相談

W様邸 光触媒ハイドロテクト(上塗り)親水テスト

2012年01月30日(月)

いよいよ昨日から上塗り作業が始まりました。
工事開始から、もう少しで3週間経ちます。

光触媒は、親水性塗料ですので上塗りが完了すると水がなじみます。

霧吹きで、水を吹き付けて親水検査を行います。
親水検査 01
下の写真で分かるでしょうか?
親水検査 02

グレーに塗った幕板部分には、まだ上塗りは塗られていません。

その下の薄茶の外壁には上塗りが塗ってあります。
グレーの幕板は水を弾いておりますが、下の外壁は水がなじみ

水滴になっていません。

これが、親水性塗料です。
塗膜表面に汚れが付いても、塗膜と水が良くなじむため汚れの下に雨水が入り込み

汚れを浮き上げ洗い流してくれます。
しかし、錆汚れは落とせないそうですので、電力配線に使われている金属バンドは裏側まで塗装。
金属バンド

取付は、ステンレスのビスで行います。

綺麗な状態が長持ちする光触媒ハイドロテクトをご検討してみては如何でしょうか!

W様邸 光触媒塗装工事(中塗り)と現場に秤?

2012年01月27日(金)

このところ急に冷え込んできて外部の塗装工事は大変です。
ここ数日は、気温も1桁代しか上がりません。

塗装工事は、温度と湿度の管理が大切です。

岡野工業の現場には、いつも温度計が設置されております。
温度計

今日は、2回目の中塗り作業です。
中塗り01
タイル調なので、溝を刷毛で取らなければならないので

手間が掛かります。
中塗り 02

吹き付けて塗装したいところですが、風も有ることですし我慢です。

そうそう!
岡野工業の現場には、いつも秤が置いてあります。
秤

まれに、プロが秤を使うのか?

と、云われることが有りますが、恥ずかしいとは思っておりません。

弊社で使っている塗料は、ほとんど2液性の塗料で、主剤に硬化剤を混ぜて使います。

その際の混合比率は、塗料によって様々です。

熟練しても感では保証出来ません。

いつでも現場の職人各自が自信を持って作業出来るように秤を常用しております。

全スタッフが、自信を持って品質管理をしております。

シーリングの打ち替え工事

2012年01月17日(火)

外壁のシーリング打ち替え工事
シーリングも10年以上経過すると、あちらこちらが切れて来ます。

実は、シーリングの上に塗装がしてあると塗膜が紫外線を遮断して

くれるので、耐用年数が延びます。

なので、シールを打ち替えてから塗装を行います。
シール-1

この外壁も、築8年位で塗り替えのご相談をして頂けたら、今回より

ずっと格安にクリヤーフッ素仕上げで綺麗に出来たのですが、

残念ですが、塗膜の劣化が大きかったので今回は光触媒の

塗りつぶし塗装となりました。
もちろん、光触媒で目地の色を変える事は出来ますが

プラスαの価格を頂くことになります。

ご希望の方は、ご相談下さい。

これは、3面接着していた部位です。
シール-2
3面接着は、禁止されております。

確か、私が昔2級建築士を取った時にも試験に出たような?

すごく昔ですが!
しかし、今まで何棟も塗り替え工事の際にサイディングのシーリングを

打ち替えていますが、こういう現場は沢山有ります。

ほぼ確実に、シールは切れてますね!
もちろん、弊社にご依頼頂いた物件はしっかり改善しております。

シーリングを撤去すると、こんな状態です。
シール-3

シーリングの打ち替えが完了するとこんな状態です。
シール-4

綺麗でしょ!

高圧洗浄と清掃作業

2012年01月12日(木)

外壁の洗浄及び清掃作業

雨樋や鼻隠し研磨します。
W様邸01
と云っても、写真が小さくて分かりませんね!

左の上で1名作業者が映って居るのですが(汗

こちらは、外壁を高圧洗浄機で洗浄します。
W様邸02
外壁の表面には、ホコリの他に傷んだ塗膜の粉が有ります。

このまま塗装を行うと、表面のホコリや粉が邪魔をして

新しく塗った塗料の密着不良を起こします。
必ず高圧洗浄機で洗う必要が有ります。

W様邸の塗り替え工事に入りました。

2012年01月11日(水)

富岡市のW様邸
足場の組立工事に入りました。

W様邸

W様邸は、TOTOの光触媒 ハイドロテクトコートで施工を行います。
足場を組んでいたら、ご近所の方に足場屋さんだと思われた様ですが

一般住宅の足場は、弊社が自社で組んでおります。

確かに、岡野工業っていう社名は塗装屋さんぽくないですよね。
でも、以前は岡野塗装工業っていう社名で業務を行っておりました。

それから総合的なリフォーム工事が増えてきたので、岡野工業に

改名致しました。

工事の流れはいつもの様に、

外壁の洗浄と外壁のシーリングを全面撤去するところから始めます。
ハイドロテクトコートは、

下塗り+中塗り(1)+中塗り(2)+上塗り=合計4回塗りで仕上げます。


岡野工業お問い合わせ