トピックス

コラムブログ外壁塗装・リフォーム防水工事

シーリングの打ち替え工事について

外壁のシーリング打ち替え工事
シーリングも10年以上経過すると、あちらこちらが切れて来ます。

実は、シーリングの上に塗装がしてあると塗膜が紫外線を遮断して

くれるので、耐用年数が延びます。

なので、シールを打ち替えてから塗装を行います。

この外壁も、築8年位で塗り替えのご相談をして頂けたら、今回より

ずっと格安にクリヤーフッ素仕上げで綺麗に出来たのですが、残念ですが、塗膜の劣化が大きかったので今回は光触媒の塗りつぶし塗装となりました。

もちろん、光触媒で目地の色を変える事は出来ますがプラスαの価格を頂くことになります。
ご希望の方は、ご相談下さい。

これは、3面接着していた部位です。

3面接着は、業界では仕上がりが不安定で禁止されております。

確か、私が2級建築士を取った時にも試験に出たような?

しかし、今まで何棟も塗り替え工事の際にサイディングのシーリングを打ち替えていますが、こういう現場は沢山有ります。
ほぼ確実に、シールは切れていることが多く見受けられます。

もちろん、弊社にご依頼頂いた物件はしっかり改善しております。
シーリングを撤去すると、こんな状態です。

シーリングの打ち替えが完了するとこんな状態です。

綺麗に補修できました。